アレルギー症状に効くサプリメントランキング

慢性的に皮膚に湿疹が出るアトピー、花粉の季節が憂鬱な花粉症、鼻水が止まらない鼻炎など、アレルギー症状は辛いものですよね。

日本人の3人に1人は何らかのアレルギー疾患を持つと言われています。日本はアレルギー大国なのです。

そんなアレルギーに、腸から健康を支える乳酸菌効果が注目されています。

  • アレルギーを予防、改善したい方
  • ムズムズやかきむしりで悩んでいる方
  • 体の内側からお肌のケアを始めたい方
  • アレルギーサプリを試してみたい方
  • 効果の高いアレルギーサプリをお探しの方

上記のように、アレルギーに関する悩みを解消したい方はぜひご一読ください。アレルギーに効果的なサプリメントや、効果をより高める方法をお伝えしていきます。

アレルギーの改善には腸内環境の改善を始めよう

アレルギーに効くサプリメントランキング 1

「アレルギーなんて起こらなければいいのに‥‥」

アレルギーの諸症状で悩んでいる皆さんはこのように考える人も少なくないでしょう。

そもそも皆さんは、アレルギー反応というものがどのような反応なのかご存知ですか?

アレルギー反応と言うのは、身体の外から体内に侵入してきた物質を追い出そうとする、免疫の防衛反応のことを言います。

しかし、私たちの免疫細胞は有害な物質のみならず、良質な物質に対しても過剰に働いてしまう場合があります。

これがいわゆる、花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの原因になってしまう訳なんです。

そして、この過剰なアレルギー反応を改善するためには、腸内環境を改善しなければいけません。この理由について次項から詳しく見ていきましょう。

免疫細胞の60%は腸にあり!

『免疫』『腸』って、一見何も関係が無いように思いませんか?

しかし、『免疫』と『腸』との間には密接な関係があります。

なぜなら、腸内には身体の免疫細胞のうち約60%が集中しているからなんです。

よく考えてみてください。

皆さんがアレルギーを発症するときはどのような時でしょうか?

食物アレルギーの方であればよく分かると思いますが、アレルギー反応が起こるものを食べてしまったときに発疹や痒みなどの諸症状が起こりますよね。

これはアレルギー物質が腸内に届いて、免疫細胞に対してダイレクトに反応してしまうことで起きているんです。

腸内環境を整えることは免疫調整になる

では、どうしたらアレルギー症状を改善することが出来るのでしょうか。

それは、腸内環境を整えることに改善の糸口が隠されています。

先ほど腸内には60%もの免疫細胞が潜んでいるとお話ししましたが、これらの免疫細胞は腸内環境の状態と密接な繋がりがあるんですよ。

皆さんは腸内環境が悪化すると、悪玉菌という腸内細菌が増殖することをご存知でしょうか?

この悪玉菌は腸内の中で、アンモニアやアミンといった毒素を排出するため、腸内の免疫細胞へ悪影響を与えてしまいます。

その結果、免疫細胞のバランスが崩壊してしまい、良質な物質をアレルギー物質だと誤認し過剰な防衛反応をしてしまうんです。

つまり、アレルギー反応の元凶は悪玉菌であるため、腸内環境を整えて悪玉菌の増殖を抑制することがアレルギー改善の一歩ということになります。

アレルギー改善のおすすめは乳酸菌サプリ

アレルギーに効くサプリメントランキング 2

アレルギー症状を改善するためには、腸内環境の改善が必要だということが分かりましたね。

では腸内環境を改善するにはどうしたら良いのでしょうか。

ほとんどの方は「乳酸菌を摂取すること!」と思い浮かぶのではないでしょうか。

その通りで、乳酸菌には悪玉菌の増殖を抑制して腸内環境を良好に保つと言う働きを持っています。

しかし皆さんは乳酸菌をどのように摂取したら良いのか知っていますか?

実はサプリメントから乳酸菌を摂取することが、もっとも効率的で確実に腸内環境を整えることが出来るんですよ。

その理由について紹介していきます。

ヨーグルトではダメ?

乳酸菌は何もサプリメントから摂取しなくても、ヨーグルトを食べることで摂取することが出来ます。

でもヨーグルで乳酸菌を摂取して本当に腸内環境が改善されるのでしょうか?

答えは『No』です。

ヨーグルトから摂取できる乳酸菌では腸内環境を整えることが出来ません。

その理由は下記の2つがあります。

  1. 動物性脂肪を含むヨーグルトは、日本人の身体に合わない
  2. 乳酸菌がカプセルなどで守られていないため胃酸で死滅してしまう

以上がヨーグルトで腸内環境の改善が見込めない理由です。

ヨーグルトが日本人の身体に合わないと聞いてびっくりした方は結構いるのではないでしょうか?

しかし、牛乳を飲んでお腹を壊す方がいるように、日本人の体にはヨーグルトや牛乳に含まれている『乳糖』が適していません。

さらに、ヨーグルトで乳酸菌を摂取してしまうと、乳酸菌が胃酸で簡単に死滅してしまうため、腸内環境を整える前に役目を終えてしまうんです。

これでは意味がありませんね。

それでは、乳酸菌サプリによる乳酸菌摂取はどうなのでしょうか?

次項で詳しく見てみましょう。

乳酸菌サプリが良い理由

どうして乳酸菌サプリで乳酸菌を摂取した方が良いのでしょうか?

それは、下記3つの理由があります。

  1. 腸内まで乳酸菌が『生きて』届くような工夫がされている
  2. 乳糖不耐の日本人でも安心して飲むことが出来る
  3. 腸内環境を整えて、免疫バランスを整える作用がある乳酸菌を選べる

以上が乳酸菌サプリを飲んだ方が良い理由です。

そもそも乳酸菌は生きて働くものが多いのですから、腸内に行く前に死滅してしまっては意味がありません。

また、乳糖不耐の日本人が無理をしてヨーグルトや牛乳から乳酸菌を摂取しても、逆に身体を壊してしまうだけです。

そしてもっとも注目して欲しいのが、3番目の『腸内環境を整えて、免疫バランスを整える作用がある乳酸菌を選べる』ということです。

実は、乳酸菌って非常にたくさんの種類が存在していて、その種類ごとに効果・効能が異なっています。

そのためヨーグルトで乳酸菌を摂取すると、どんな種類の乳酸菌を配合しているのか分からないため、効果・効能を選ぶことが出来ません。
(※ヨーグルトによっては、菌種を明記しているものがあります。)

一方乳酸菌サプリであれば、どの乳酸菌が配合されていてどんな効果・効能があるのか選ぶことが出来るので、アレルギー改善が見込める乳酸菌をしっかりと選ぶことが出来ますよ!

乳酸菌サプリの選び方

乳酸菌サプリメントにも種類がたくさんあります。アレルギー対策に飲まれる場合は、以下の3つのポイントに気を付けて選びましょう。

整腸作用が高い菌を使用していること

免疫細胞が気持ちよく働けてこそ、免疫の過剰反応を止めることができます。ですから、整腸作用が高く、腸内フローラを整えることの証明された菌かどうかを確認してください。

アレルギー原因物質が使用されていないこと

菌自体に問題がなくても、添加物や乳酸菌を培養させる土台にアレルギー原因物質が使用されていることもありますから、添加物も見ておきましょう。

続けられる価格と形状であること

そして、お財布的に続けられるか、飲むのが億劫にならない形状かどうかの確認も大切です。

乳酸菌サプリメントの整腸作用は、飲んで2週間~1ヶ月で実感できるものですが、アレルギーの症状軽減を期待するのであれば、免疫の方向性を変える活動になるわけです。3ヶ月~半年は飲み続ける気持ちで始めましょう。

アレルギーに効くサプリメントランキング

それでは、3つのポイントを考慮しながら、おすすめのサプリメントをランキング形式でご紹介していきます。

第1位 カルピス アレルケア

★カルピス社の研究の成果がここに
★1ヶ月2,100円という価格設定に魅力あり
★アレルゲンフリーサプリなので安心
価格 2,100円
送料 315円
主成分 L-92乳酸菌 330億個
形状 チュアブル
原材料 麦芽糖、でんぷん、乳酸菌/植物油脂
成分 2粒(0.66g)当たり エネルギー 2.64kcal、たんぱく質 0.01~0.03g、脂質 0.03g、炭水化物 0.58g、食塩相当量 0~0.003g、「L-92乳酸菌」 20.7mg

乳酸菌飲料のカルピスから販売されている乳酸菌サプリメントです。

一般の乳製品から摂取することのできないラクトバチルス属アシドフィルス菌L-92株という乳酸菌を独自配合しています。

口コミでは、整腸作用を実感できたという声は少ないものの、続けることで免疫力が向上し、花粉症や風邪、インフルエンザ予防効果には一定の成果が上げられるようです。

アレルゲンフリーで、子供にも飲ませることができる安心のサプリメントです。

こんな人におすすめ!

  • アレルギーの諸症状で悩んでいる人
  • コスパの良い乳酸菌サプリを探している人
  • 病気に負けない強い身体を作りたい人

こんな人にはおすすめ出来ない

  • 便秘も解消したい人

第2位 ヘルスエイド・ビフィーナEX

★乳酸菌サプリ売上ランキング21年連続第1位
★ビフィズス菌BB536を100憶個配合
★耐酸性ハイパープロテクトカプセル採用で生きたまま腸まで届ける
価格 初回3,980円(税込み)
送料 無料
主成分 ビフィズス菌BB536 100億個
ガセリ菌
アシドフィルス菌
オリゴ糖
形状 顆粒
ビフィーナEX
原材料 エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド) 、(一部にゼラチン・大豆・乳成分を含む)
成分 1袋(2.0g)当たり エネルギー8.8kcal、たんぱく質0.28g、脂質0.73g、炭水化物0.89g、食塩相当量0.0024g、ビフィズス菌100憶個、(その他の成分:乳酸菌10憶個、オリゴ糖0.30g)
ビフィーナEX

森下仁丹が製造販売するヘルスエイド・ビフィーナEXは、便通改善の機能性表示が許可されている機能性表示食品です。

ビフィズス菌ロンガム種が、お通じの回数増加や、腸内の善玉菌アップに作用します。

三層構造の特殊カプセルを使用し、胃酸などの消化液の影響を受けず、ビフィズス菌を大腸に届けることができます。小腸に定着して腸内フローラを改善するフェカリス菌やガセリ菌も配合され、腸全体を整えてくれます。

オリゴ糖は善玉菌のエサになり、便に水分を含ませる働きもあるので、水分不足による便秘にも効果があります。腸内フローラを改善することで、アレルギー体質をゆっくりと改善していきます。

こんな人におすすめ!

  • 高い整腸作用でアレルギーを改善したい人
  • 長年便秘に悩まされている人
  • 腸内環境に問題を抱えている人

こんな人にはおすすめ出来ない

  • 便秘には特に悩んでいない人
  • コスパを重視したい人

第3位 乳酸菌革命​

★ビフィズス菌、ラブレ菌、ガセリ菌をはじめとした16種類の菌を配合
★菌の種類の多さでは業界1位
★他のサプリメントが合わなかった人におすすめ
価格 定期2,730円
送料 無料
主成分 ビフィズス菌
ラブレ菌
ガセリ菌など16種類
形状 カプセル
原材料 乳酸菌生産物質粉末(大豆、乳酸菌)、食物繊維(イヌリン、難消化デキストリン)、ガラクトオリゴ糖、コーンスターチ、グルタチオン含有酵母エキス末、有胞子性乳酸菌、乾燥生菌末(ビフィズス菌、ガセリ菌)、乳酸菌末(EC-12)、ラブレ菌、HPMC
成分 1粒当たり エネルギー1.36kcal、たんぱく質0.06g、脂質0.03g、炭水化物0.22g、ナトリウム0.26mg

ビフィズス菌・ラブレ菌・ガセリ菌など、整腸作用の高い菌を16種類配合し、生きたまま腸に届けることができる乳酸菌サプリです。

菌のバリエーションを増やすことで、その時々の腸内環境に最適な菌が力を発揮し、悪玉菌の増殖を防いでくれます。

他の乳酸菌サプリでは効果を実感できなかった人に試していただきたいものです。耐酸性カプセルを使用していますので、菌のロスを最小限にすることができます。

こんな人におすすめ!

  • どの乳酸菌を試してもダメだった人
  • 一度に複数の乳酸菌を試したい人

こんな人にはおすすめ出来ない

  • 初めて乳酸菌サプリを試す人
  • 便秘には特に悩んでいない人

アレルギー症状が出る仕組みと原因

アレルギーに効くサプリメントランキング 3

アレルギーとは、花粉や特定の食べ物・成分など、体外から入ってきたものに対し、本来ならば有害でなくても免疫機能が働き、過剰な反応をすることを言います。

抗原抗体反応

アレルギー症状を引き起こす原因となる物質のことを、アレルゲン(抗原)と呼びます。

アレルゲンが体内に侵入してくると、IgEという抗体が作られます。IgEは、皮膚や粘膜に存在するマスト細胞の表面に張り巡らされていて、そこに再びアレルゲンが触れることで、アレルゲンとIgEが結合して、マスト細胞から化学物質が放出されます。

この化学物質(ヒスタミン等)影響で、かゆみやくしゃみ、咳などの症状が出現してくるのです。

アレルギーには、花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息、成分・食べ物に対するアレルギー反応など、様々なものがあり、アレルギーを起こしやすい体質は遺伝することもあります。

病院での処方とは

病院で処方される薬
抗アレルギー薬 ヒスタミンの発生を抑制する。副作用は少なめで、主に花粉症に使用。鼻づまり、鼻水、くしゃみの改善と予防に効果的。
抗ヒスタミン薬 古くから使われているもので、抗アレルギー薬より効果が強く、持続時間も長め。副作用として強い眠気を発生させる。
ステロイド 効果的にアレルギー反応を抑えるが、副作用が強いので長期的な使用はしない。

アレルギーを発症後、病院で処方される薬には、上記のようなものがあります。

病院によっては漢方を処方さあれることがあります。漢方は、一般薬よりも副作用が弱く、長期間の使用が可能という特徴があります。

アレルギー改善の漢方薬
小青竜湯(しょうせいりゅうとう) アレルギー性鼻炎によく使われ、くしゃみや鼻水に効果がある。
消風散(しょうふうさん) アトピー性皮膚炎によく使われ、強いかゆみを感じる人に使われる。
十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう) 蕁麻疹や湿疹が出やすい人が使う。

ただ一般薬も漢方も、アレルギー症状を予防したり抑えたりしているだけで、根本的にアレルギー症状が出ない体づくりをしているわけではありません。

薬で日常生活に支障が出なくなるのであれば幸いですが、薬を飲まなくても不自由なく過ごせるほうが、もっと良いですよね。

薬ゼロを目指すなら

乳酸菌の整腸作用で腸内環境を改善すれば、悪玉菌は減り、有害物質の産出も減ります。免疫細胞は有害物質の攻撃を受けることもなくなり、快適な状況で免疫を作り出すことになって、判断能力の高まった免疫に一新されるのです。

併用も可能

ひどい状態になっている重度のアトピー性皮膚炎患者の方や、仕事や家事がままならないほどの花粉症症状の方は、病院から処方された薬と並行しながら乳酸菌サプリを飲むのがベストな選択だと思います。

乳酸菌サプリメントは食品なので、薬と一緒に飲むことが可能です。ただ、添加物との飲み合わせが悪い可能性もありますので、かかりつけ医にご相談のうえ飲み始めてください。

症状を抑えながら、症状が起きる根本部分に働きかけることができます。

乳酸菌サプリの効果的な飲み方

アレルギーに効くサプリメントランキング 4

乳酸菌サプリをアレルギー対策として飲む場合、効果を高める方法がございますのでご紹介します。

たっぷりの水と一緒に飲む

アレルギー対策サプリの正しい飲み方としては、たっぷりの水か、ぬるま湯で飲むということです。

サプリ内の成分によっては、コーヒーやお茶で成分が破壊されてしまう可能性がありますので、水で飲むのが一番間違いないでしょう。

食後か就寝前に飲む

また、効果的をアップさせるタイミングでおすすめなのは食後です。食後に飲むことで、食べ物と混ざって一緒に腸に届けられます。食事中に含まれる成分が善玉菌の栄養源となることもありますから、食後が良いでしょう。

就寝前に飲むのもおすすめで、腸が活発に働くゴールデンタイム夜10時~翌2時に乳酸菌を届けることで、効果が高まるとも言われます。

おすすめのタイミングは2つありますが、まずは続けることが一番です。自分にあったタイミングを決めて、忘れずに飲むことが大切です。

乳酸菌サプリを飲みながら行いたいこと

アレルギーに効くサプリメントランキング 5

ここからは、サプリメントと併用して行うと、より効果的に腸を変えて免疫異常を治すことにつながる方法をご紹介します。

日頃の生活の中で、ちょっと意識するだけで変わりますから、相乗効果を狙って体質改善に取り組みましょう。

和食中心の食生活にする

ごはんからパン、魚から肉というように、欧米化が進む食生活ですが、和食中心の食生活を心がけることが大切です。

素材を生かした素朴な味付け、一汁三菜で保たれる栄養バランス、野菜も旬のものを使って彩り豊かにすれば、腸が喜ぶ食事の完成です。善玉菌が腸内バランスを整え始めます。

最近は加工品が多く出回り、食卓に登場することも多くなっていますが、食品添加物がアレルギーを悪化させるという研究データもありますから、控えましょう。

魚に含まれるオメガ3脂肪酸は、体内で炎症成分が生成されるのを抑制する働きがありますので、アレルギー症状の緩和に関係の深い成分です。

食生活の欧米化が進むとともに、アレルギー患者が増加している背景を考えても、やはりいったん和食に戻すことは大事ですね。

お菓子・清涼飲料水を控える

市販のお菓子やジュースには、食品添加物がたっぷりと含まれています。色を鮮やかにするための着色料、腐敗を止める保存料、酸化を防ぐための酸化防止剤など、数えたらきりがないほど、添加物は身の回りにあふれています。

添加物は、アレルギー症状の悪化に関係が深いですし、粘膜の炎症を引き起こすこともあります。そして添加物は腸内細菌を殺し、腸内環境にとって最悪のものです。完全に摂取を断つことは難しいと思いますが、できる範囲で遠ざけることが理想です。

有酸素運動を行う

アレルギーを発症する原因の一つに、自律神経の影響も懸念されています。そこで、自律神経を整えるのにおすすめなのが、有酸素運動を行うことです。

有酸素運動は、ウォーキングやジョギングなどがあります。雨の日や花粉症で外出できないときは、踏み台昇降をしたり、ヨガをしたりと、室内でできることは意外にもありますのでやってみましょう。

睡眠時間の確保

睡眠の健康効果は、数えきれないほど沢山あります。

私たちは、寝ている時に疲れをとったり内臓の機能を修復したりします。そして、免疫力の向上や、病気からの回復にも睡眠は欠かせません。睡眠不足では疲労がたまり、腸内環境も悪化してしまいます。

睡眠時間はしっかりと確保して、体を休める時間を作っておいてください。

子供に乳酸菌サプリを飲ませて良いの?

アレルギーに効くサプリメントランキング 6

アトピーなどで、小さいお子さんがアレルギーに苦しんでいる姿を見るのは、親御さんにとって辛いことですよね。アレルギーのお子さんの腸内は、アレルギーでない子に比べて善玉菌が少ないということが明らかになってきています。

ですから、サプリメントを使って腸内改善を行い、善玉菌を増やすことは、子供にとっても免疫を正してアレルギー改善に役立つということになります。

お子さんが乳酸菌サプリを飲んでも問題ありませんが、サプリごとに対象年齢が変わります。形状によっては今の成長段階で飲みこむのが難しいものがありますから、確認してから飲み始めてください。

乳酸菌サプリによる好転反応

アレルギーに効くサプリメントランキング 7

好転反応とは、体に良いものを摂取して、悪いものが体外に出される時、一時的に体に現れる症状のことです。

アレルギー改善サプリでもよくあり、免疫力がアップした結果、一時的に症状が悪化することがあります。副作用とは違うものです。

好転反応の症状とは

好転反応は、ダメージを受けた細胞が新しくなったり、体内の有害物質が排泄されたりする段階に起きるので、避けては通れない反応です。調整反応とも呼ばれます。

体のだるさ、下痢、頭痛、しびれ、眠気、発汗、発熱などの症状が好転反応の主なものです。好転反応は、免疫が変わってきた合図でもあります。

好転反応が出たらどうするの?

だんだんと症状はよくなりますので、安心して続けていただきたいと思います。好転反応の症状は、ピタッとすぐに終わるわけではなく、徐々に薄れていくことが多いので、気長に待ちましょう。

アレルギー抑制作用が報告されている乳酸菌

整腸作用で免疫を変えるという視点でお伝えしてきましたが、アレルギーを直接的に改善する研究データがある乳酸菌も存在しますのでご紹介します。

ビフィズス菌

整腸作用が高いビフィズス菌は、腸内バランスを整えることで、アレルギーの自覚症状を緩和させる効果があり、血中炎症性マーカーの改善が確認されています。

ビフィズス菌を配合したサプリメント
ヘルスエイド・ビフィーナEX 乳酸菌革命

クレモリス菌FC株

抗炎症作用を持っている乳酸菌で、IgE細胞を減少させる効果があります。

クレモリス菌FC株を配合したサプリメント
善玉菌のチカラ

フェカリス菌

腸のパイエル板に取り込まれやすいサイズなので、免疫力アップに効果がある乳酸菌です。アレルギーのうち、特にスギ花粉に対しての効果が高く、目のかゆみや鼻水、鼻づまりに効果的です。

フェカリス菌を配合したサプリメント
久光製薬 乳酸菌EC-12 乳酸菌革命

ラクリス菌

腸に到着後、胞子となって生育することができるので、長く腸に留まることができます。腸内フローラを改善することになり、アレルギー体質の改善が期待されています。

ラクリス菌を配合したサプリメント
乳酸菌革命

まとめ

アレルギー症状は、腸を変えることで、少しずつではありますが改善していくことが可能です。

アレルギーは、いつ発症するのか分からないものです。現在発症している方も、症状が悪化したり、他の場所に出たりと、トラブルになることも考えられます。

近年、大人のアレルギーは増加傾向にあり、特に花粉症は顕著ですよね。

改善の意味でも、予防の意味でも、サプリメントを使って腸を整えておくことがおすすめです。

相性と続けやすさを重視して始めましょう。